美肌菌を増やすスキンケア

美肌菌

 

きれいな肌になりたい!

 

老化を予防していつまでも若々しい肌を保ちたい!

 

肌荒れ、ヒリヒリ、チクチク、かゆみ、肌荒れによる顔の赤み、アトピー、ニキビ、脂漏性皮膚炎などの肌トラブルを解消したい!

 

このように、健康的で若々しく美しい肌を保ちたいと誰でもが願いますよね。

 

美肌の秘訣は、スキンケアや生活習慣などを正しく行う事をはじめ色々な事から成り立っています。

 

中でも、最近少しづつ認知度が上がってきているのが「美肌菌」です。

美肌菌とは

美肌菌とは、皮膚に住む菌の事で腸内細菌と同じように沢山の種類の菌が住んでいて、その中の善玉菌である表皮ブドウ球菌の事を言います。

 

この菌はとても大切な存在で、私たちの肌を健康的で若々しく保つ役割をになってくれています。

 

美肌菌=表皮ブドウ球菌は人の汗や皮脂、古い角質を食べ生きていますが、副産物(排泄物)として、肌の保湿成分となるグリセリンで肌を覆うベールを作り乾燥や外部の刺激から肌を守ってくれています。

 

また、肌を弱酸性に保ったり抗菌ペプチドを作ることで、アトピーや脂漏性皮膚炎、ニキビなどの肌トラブルを起こす原因となっている悪玉菌の繁殖を防ぐ役割も果たしてくれています。

 

この美肌菌が減ることで、肌の乾燥を感じるようになったり、アトピーや脂漏性皮膚炎、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなると言われています。

 

肌に住む菌の種類

 

美肌菌=表皮ブドウ球菌は善玉菌だとお伝えしましたが、善玉菌の他にも腸内細菌と同じく悪玉菌や日和見菌が住んでいます。

 

悪玉菌とは、黄色ブドウ球菌やカビ菌と言われるマラセチア菌、アクネ菌などが有名です。

 

黄色ブドウ球菌が増えことで起こりやすい肌トラブルで有名なのはアトピーです。

 

マラセチア菌は脂漏性皮膚炎の原因とされています。

 

黄色ブドウ球菌やマラセチア菌はアルカリ性の環境を好み、善玉菌である表皮ブドウ球菌が多い弱酸性の肌では繁殖しにくいといわれています。

 

アクネ菌は、善玉菌と悪玉菌のと悪玉菌の二種類いるようですが、悪玉菌の方が毛穴で繁殖してしまうとニキビの原因になります。

 

日和見菌は、善玉菌が優勢なら善玉菌の見方をし、悪玉菌が優勢になると悪玉菌の見方をする菌です。

 

このように私たちの肌表面には、数百憶~数兆にも及ぶ目で見えない沢山の皮膚常在菌がいます。

 

このすべての菌がバランスよく肌に存在していることで健康的で若々しい肌を保てるというわわけです。

 

美肌菌の効果

保湿成分グリセリンを生み出す

 

美肌菌=表皮ブドウ球菌は、皮脂を分解してグリセリンを作っています。

 

グリセリンは、ほとんどの化粧品にも使われている保湿成分です。

 

グリセリンが増えることで肌の水分が蒸発しにくくなり、角質細胞がうるおうことで透明感のある肌が保てるようになります。

セラミド産生サポート

 

肌表面がグリセリンで覆われ角質が水分で満たされることによって、肌バリア&保水成分でもあるセラミドが作られやすい環境をサポートしています。

 

美肌菌=表皮ブドウ球菌が増える事で水分量が増加して肌の保湿機能が高まり、キメも整うのはこのためです。

肌を弱酸性に保つ

 

美肌菌の代謝物として排泄される成分は乳酸など酸ですので肌の表面を弱酸性に保ち悪玉菌の繁殖を防いでくれています。

抗菌ペプチドを生成

美肌菌=表皮ブドウ球菌は、肌荒れやアトピーなどの炎症を起こす黄色ブドウ球菌を殺菌する抗菌ペプチドを産生するともいわれています。

 

美肌菌=表皮ブドウ球菌が増えることは、肌にとっていいことづくめなため美肌を作る菌という事で「美肌菌」という愛称が付けられたようです。

美肌菌を増やす方法

美肌菌を増やすには、いくつかのポイントがあります。

 

美肌菌を減らさないように守り、増やして美肌を保ちたいものですね。

汗をかく

美肌菌の主なエサは皮脂と汗です。

 

あまり汗をかかない生活をしている場合は、意識をして汗をかくようにするのが良いです。

 

ウォーキングやランニングをはじめ有酸素運運動をするなどして体を動かしたり、暖かめのお風呂にゆっくりつかるなど意識して汗をかくようにするのが良いですね。

 

代謝も高まるので身体にも肌にも良いことずくめです。

乾燥を避ける

菌は乾燥が苦手です。

 

一定の温度と湿度がないと菌は繁殖できません。

 

乾燥を感じる場合は、加湿器を使ったり、洗濯物を室内に干すなどして乾燥を防いでみてください。

洗いすぎない

 

美肌菌=表皮ブドウ球菌は、肌の表面や角質、毛穴の隙間に隠れて済んでいます。

 

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料で洗う事によって常在菌は3分の1まで減少し、元に戻るには12時間はかかると言われています。

 

クレンジングや洗顔料もできるだけ肌に優しいものにして、夜1回だけにするなど美肌菌が減らない工夫をするようにしてみてください。

 

の洗顔は、水または30℃くらいまでのぬるま湯ですすぐだけで十分。

 

朝の皮脂は美肌菌によって分解された皮脂ですので、簡単に洗い流すことができます。

防腐(保存)、殺菌剤に気を付ける

 

ほとんどの化粧品には防腐剤(保存)や殺菌剤が使われていますね。

 

防腐剤(保存)や殺菌剤は、化粧品の菌を増やさないために配合されていますが、菌を殺す役割なので当然皮膚常在菌も殺菌してしまいます。

 

エタノール(アルコール)、フェノキシエタノール、パラベンなどの防腐成分が入っている化粧品を、大量に使ったり重ねづけし過ぎると美肌菌が減り増えなくなります。

 

配合量の少ない物(無添加のもの)を選んだり、重ね付けをしないスキンケアを心掛けると良いですね。

美肌菌コスメを使う

 

美肌菌を増やす目的で作られた化粧品がいくつか発売されています。

 

 

美肌菌のエサとなるグルコオリゴ糖や乳酸菌、酵母などを配合したコスメです。

 

美肌菌だけが、グルコオリゴ糖や乳酸菌、酵母を好んで食べ、食べると元気になって繁殖スピードが早まります。

 

なかには、美肌菌を守るため洗うことら意識されて作られた美肌菌コスメもありますので、肌トラブルが深刻な方はそうした製品を選ぶことをおすすめします。

 

肌トラブルや老化を感じない肌に

 

肌にすむ善玉菌(表皮ブドウ球菌)が減ると悪玉菌が増殖し肌に悪影響を及ぼします。

 

美肌菌を増やすには、表皮ブドウ球菌のエサとなるオリゴ糖や乳酸菌(発酵エキス)、酵母などを配合したコスメを使うことで簡単にできます。

 

そうならないためには洗いすぎに注意し、エタノールなどの殺菌剤や合成保存料を使用した製品を極力使用しないことも大切になります。