美肌菌とは!?美肌菌が増えると肌トラブルにも美肌にも良い?

美肌菌

 

美肌菌とは、皮膚に住む菌の一種で善玉菌である表皮ブドウ球菌の事を言います。

 

表皮ブドウ球菌は、古い角質や汗、皮脂を食べ人の肌を健康に保つのみ欠かせない保湿成分グリセリンや酸を生産し、肌を乾燥や外部の刺激、雑菌(悪玉菌)から守る膜を作っています。

 

美肌菌が減ることで肌表面の保湿成分が減り、悪玉菌が好むアルカリ性に肌のPHが傾くため肌の乾燥を感じ、悪玉菌の増殖で肌トラブルを起こすようになると言われています。

 

美肌菌が増えることで乾燥から肌を守れるようになるため、角質内の肌バリアと言われる細胞間脂質でもあるセラミドの生成がスムーズに行われるようになるため、肌バリア機能が向上しキメも整えられます。

 

また、美肌菌は雑菌から肌を守る抗菌ペプチドの生産もサポートしているようです。

 

美肌菌が増えると肌トラブルにも美肌にも良い事だらけですね。

美肌菌を減らすNG行為

美肌菌を効率的に増やすには、化粧品を使うだけでなく減らさないための工夫も必要です。

乾燥

 

菌なので乾燥が激しいと繁殖できません。

 

加湿器を使う、洗濯物を家の中に干すなど部屋や肌が乾燥しないようにすると良いですね。

 

クレンジングや洗顔フォーム

 

クレンジングや洗顔フォームには強い洗浄成分(合成界面活性剤)などがたくさん含まれているものが多いです。

 

洗浄路力の強いものは、角質や毛穴の隅々まで洗浄して美肌菌を洗い流してしまいます。

 

石けんでの洗顔でも3分の1ほどになり、元に戻るのに12時間もかかると言われていますので、洗顔で減らさないよう洗浄力の優しい洗顔料を使い、洗顔料を使うのはできるだけ1日1回にすると良いですね。

 

殺菌、防腐剤

 

清潔を気にするあまり、除菌剤など常用していませんか?

 

匂いの元となる雑菌を排除できると言うことは美肌菌も排除されてしまっています。

 

寝具など肌に触れるものに使うのを控えるなど、肌に付着しないよう気を付けて使うのはもちろん、使う回数を減らす工夫も必要かも。

 

吸うと身体にも悪いらしいので気を付けて使用しないといけませんね。

 

化粧品の殺菌、防腐剤も同様です。

 

化粧品を安全に使うために必要な成分ですが、悪い菌が増えないだけでなく美肌菌も増えません。

 

殺菌、防腐剤が配合されていない化粧品を使う、できるだけ配合が少ない物を使う、殺菌防腐剤配合の化粧品を塗り重ねないなど、工夫が必要になりそうです。

 

殺菌防腐剤・・・エタノール(アルコール)、パラベン、フェノキシエタノールなど。

代謝が悪い

菌は温かいところが大好きで、暖かいとドンドン繁殖します。

 

体温が低いと肌表面の温度も低くなるので繁殖が鈍ります。

 

部屋の温度も気にすると良いですが、代謝が落ちないよう適度な運動をするのも良いですね。

 

汗をかくとその汗が美肌菌のエサになりますので一石二鳥ですね。

美肌菌を増やせる化粧品

 

美肌菌は糖類や乳酸菌が大好きで、しかもそれは美肌菌=表皮ブドウ球菌しか好んで食べないのだそう。

 

腸内環境を整える方法と同じように皮膚常在菌の善玉菌にも好物を与え、善玉菌だけを増やすというわけです。

 

その原理を利用して、手軽に美肌菌を増やせる、美肌菌のエサとなるバイオエコリア(グルコオリゴ糖=α-グルカンオリゴサッカリド)や乳酸菌、酵母などが配合された化粧品が開発されています。

 

通称、美肌菌化粧品と言われていますが使うだけで美肌菌が増え、肌トラブルの解消につながったり、肌老化予防ができると人気となっています。

 

そうした化粧品を使うことによって手軽に美肌菌を増やす事もできます。

 

このように普段の生活やスキンケアを見直すだけでも美肌菌を減らさないよう予防し、化粧品で手軽に増やしていつまでも若々しい肌を保ちたいですね。